ポンコツ新人プログラマー

ポンコツ新人プログラマーの日記

未経験でIT企業に入社してからの日々をゆるく書いていきます。仕事に関係ない記事も書いていく予定です。

ほくろ除去から2週間経過!現在の状態は?

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

私は2週間前に顔のほくろを除去したのですが、

今回は、ほくろ除去2週間後の状態についてお話したいと思います。

 

 ほくろ除去当日についての記事はこちらをご覧ください。

ponnkotupr.hatenablog.com

 

 まず、ほくろを除去してから除去2週間後まで、ずっと保護シールを貼って過ごしていました。透明で目立ちにくいですが、やはり顔にシールを張ったまま過ごすのは気になるので、マスクで隠したり、シールをほくろ跡のサイズまで小さく切って貼ったりしていました。ほくろを除去する予定がある方は、長期休みの前に除去することをお勧めします。下の写真が保護シールです。私が貼っていたのは、直径が1センチくらいのものでした。

            f:id:ponnkotupr:20190602163843j:plain

1週間はシールを張って過ごさないといけないとクリニックの先生にもともと言われていたのですが、私は皮膚の再生が遅かったみたいで、シール卒業までに2週間かかりました。これでやっとシールとおさらばできます。。。

 

除去したクリニックで再診していただき、一応本日の診察でクリニックにはもう行かなくていいそうです。ほくろを除去した部分は紫外線に弱いため、日焼けに注意するように言われました。あと、ほくろ除去したところがシミにならないように、ハイドロキノンクリームが処方されました。これから毎日塗っていきます。

 

ほくろ除去2週間後の状態です。

まだ赤みがかなり残っていますが、この赤みは半年かけてなくなっていくそうです。

          f:id:ponnkotupr:20190602165252j:plain

除去1週間後の写真(下)と比べると、かなり凹凸がなめらかになっていることがわかります。跡の赤みは1週間・2週間もあまり変わらないような気がします。     

          f:id:ponnkotupr:20190518220022j:plain   

ほくろ除去跡が消えるまで、まだまだ時間がかかりそうですが、赤みは化粧で隠せるのでとくに問題なさそうです。これから跡がきれいになっていくのがすごく楽しみです。

 

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

顔のほくろを除去しました!!

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

本日、ずっとコンプレックスだった顔のほくろを除去してきました!!

とても嬉しくて1日中ウキウキしています(*'▽')

今回は、ほくろの除去にかかった値段や、除去後の様子をお伝えしたいと思います。

 

          f:id:ponnkotupr:20190518214523p:plain

 

私はもともと顔にほくろが多く、小さいものを含めると15個くらいあります。

小さいほくろは気にならないのですが、左頬と顎に3mmのほくろがあり、この2つのほくろがずっとコンプレックスでした。

          f:id:ponnkotupr:20190518215434j:plain

毎日鏡を見るたびに気になっていたため、こんなに気になるなら取ろう!とふと思い、本日念願の施術を受けてきました。(画像の真ん中あたり(矢印)にも、最近できたほくろがあるのですが、これは化粧で隠れるので除去しませんでした。)

私は銀座にある某クリニックで除去していただきました。はじめての施術で不安だったため、ほくろ除去をした方の記事をたくさん読み、口コミが多く安心できそうなクリニックを選びました。

今日の流れはこんな感じでした。

クリニック受付

 ↓

カウンセリング&施術の説明(15分)

 ↓

ほくろ除去(10分)

 ↓

お会計

クリニックに着いてから約30分ですべて終わりました。

思っていた以上にスピーディー(笑)

カウンセリングでは、どうやってほくろを除去するのかや料金の説明などをしていただきました。説明をしてくださったのがイケメンの先生だったため、すこし緊張しました(笑)

施術の流れは

除去するほくろの確認

 ↓

麻酔注射(除去するほくろの数だけ打ちます)

 ↓

炭酸ガスレーザー照射でほくろを除去

ほくろをレーザーで除去しているときは痛くなかったのですが、麻酔の注射がけっこう痛かったです。先生いわく注射する部位が、鼻の場合は、かなり痛いらしいです。麻酔の注射は、除去するほくろの数だけ打つので、1度に多くのほくろを除去する人は辛抱が必要そうですね。

炭酸ガスレーザーを当てられているときは、チクチクしている感じがしました。あとは焦げ臭いにおいがしてきて、ああ、今皮膚を焼かれてるなぁと思いました(笑)

 私のほくろは根が浅かったみたいで、施術は今回の1度で終わりだそうです。根が深い場合は、施術を2.3回に分けて、少しずつ除去するらしいです。

ほくろ除去後の写真です。ほくろがあった部分が少しへこんでいます。  

         f:id:ponnkotupr:20190518220022j:plain

今日から1週間は、ほくろがあった部分に保護シールを張らないといけないそうです。半透明の小さいシールなので、貼っていてもあまり目立ちません。1週間は、シールの上から化粧をします。

今は、ほくろがあった部分が少しへこんでいますが、へこんでいるところから皮膚が再生し、そこが少し赤くなった後に、少しずつ赤みが取れていくそうです。気ながに待ちたいと思います。

 

今回のほくろにかかった料金ですが、合計で約3万円(税込み)でした。

私が行ったクリニックでは、ほくろは1mm単位ごとに料金が加算される仕組みでした。

内訳はこんな感じです。

炭酸ガスのレーザー除去(3mmのほくろ×2コ)  約25,000円

・麻酔(ほくろの数に関係なく固定料金)     約2,000円

・保護シール(24枚くらい)           約800円

 

 この値段を高いか安いか感じるのは人それぞれだと思いますが、私は長年のコンプレックスが3万円で解消できて、とても満足しています。

家族や友達に、ほくろを除去することをあらかじめ伝えていたのですが、みんなの反応は、そんなにほくろ気にならないけど?という感じでした。

正直、自分はかなり気にしていても、他人は自分の顔のほくろをそれほど気にしていないと思います。ですが、私はコンプレックスだったので、除去して本当に良かったです。完全に自己満ですね!

 本日も読んでくださってありがとうございました。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

 

どこからがセクハラなのか?

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

みなさんは今までにセクハラを受けた経験はありますか?

今回は、いったいどこからがセクハラになるのか?について、

私の意見を書いていきたいと思います。

           f:id:ponnkotupr:20190423195147p:plain

まずセクハラとは、正式名称:セクシャルハラスメント

意味:他者を性的対象物におとしめるような行為を為すこと。特に、労働の場において、女性に対して、女性が望んでいない性的意味合いをもつ行為を男性が行うこと。性的いやがらせ。のことをいいます。

最近では、セクハラという言葉をよく聞くようになり、男性で普段から言動に気をつかっているという方もいるかと思います。

 

 

私は社会人になって1年経ちましたが、あれ、これセクハラ受けてるなって思ったことは正直何回もあります。笑

とくに飲み会の場では、お酒が入っていることもあり、やはり多くなる傾向があります。まぁ、セクハラを受けたからといってとくに訴えたりはしませんが。。。

とくにセクハラで多いのは、私を対象にして下ネタを言われることです。もちろんこれを言われていい気はしません。

 ですが、下ネタを言われてもセクハラだなと感じる時と感じない時があります。

この大きな2つの違いは何なのかを真剣に考えてみました。

 

。。。。。

 

 

でた答えは、

その下ネタが笑えるか、笑えないか です(笑)

その場がしらけるような発言は、言われた本人も、周りもいい気はしませんが、

正直、その場で笑いが取れて面白く思える程度の発言なら別にいいと思います。

要するに、下ネタ言うなら、て笑わせてね!(圧)ってことです。笑

(これはあくまでも私個人の考えです)

 

ですが感じ方は人それぞれなので、やはり周りの人が少しでも嫌がるような発言は慎むべきだと思います。まぁ大人として当たり前のことですよね!!!!!

 

セクハラとは話が少しそれてしまいますが、最近取引先との接待があり、飲み会に参加しました。そこで取引先の方に、飲み会で私と話してるときは

「キャバクラきた気分で話してる」と言われました。

 

 。。。。。

 じゃあ、お金払ってください。

 

 って言いたかったですが、取引先の方なのでちゃんと我慢しました。えらいですね。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

IT業界は本当に女性が少ないのか!?

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

みなさんはIT業界は女性が少ないイメージってありますか?

最近では、IT業界も女性の割合が増えてきたと言われていますが、実際の現場はどうなのかを自分の経験をもとに書いていきたいと思います。

経験といっても、まだIT業界2年目ですが(笑)

 

         f:id:ponnkotupr:20190421191144p:plain

 

まず、去年私が新卒で入社した時の同期の男女比は7:3でした。

3割とけっこう女性が多いですよね?入社前は、もう少し女性が少ないイメージを持っていたので、3割もいて内心すごく喜びました。

 

しかし、喜んだのも束の間、初めて配属された部署では、

女性が40人中1人だけでした。

はい。もちろんこの1人は私です(笑)

あれ?なんでこんなに急に女性が減ったの??ってなりました。

 

なぜなら、私が所属された部署は、ネットワークの部署だったからです。開発部署でしたら2割くらいは女性がいますが、ネットワークでは、女性の割合が極端に少ないんです!!ほかの会社もそうかはわかりませんが、少なくとも私がネットワーク関連の仕事を他社さんと一緒に仕事しているときに、女性の技術者にお会いした記憶がほぼありません。

            f:id:ponnkotupr:20190421193757p:plain

 

ですが、女性が少ないことは悪いことばかりではありません。女性が少ないので、男性から優しくしてもらえますし、女性同士のいざこざに巻き込まれる心配もありません。

唯一つらいのは、男性陣と昼食を一緒に食べに行くとみなさん食べ終わるのが早いので、私が食べ終わるのを待たせてしまう状態になることでした。頑張って早く食べるようにしていましたが、毎回待ち状態にさせてしまって申し訳なかったです。

 

入社して2年目からは、ネットワークから開発部署に移動になり、女性の比率は2割くらいになりました。やはり同性がいないのは心細かったので、正直とても嬉しかったです(笑)

 

 これはかなり勝手なイメージですが、Webデザイン系の会社は、なんとなくおしゃれそうなイメージがあるので、もう少し女性の割合が多いのではないでしょうか。違っていたらごめんなさい。

 

今回は、実際の現場での女性の割合について私の経験談をお話しましたが、ほかのIT系の会社ではどうなのでしょうか。多少違いがあるにしても、やはり女性が少ないことには変わりないのではと思っております。個人的には、もう少し女性PG・SEさんの割合が増えていってくれたら嬉しいです。

本日も読んでくださってありがとうありがとうございました。

 

ブログ初心者が1記事投稿までにかかる時間

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

ブログを開設してから2週目のまだまだ初心者ブロガーです。

今回は、そんな私が1つの記事を書いて投稿するまでにどれくらい時間がかかっているのか?についてお話しようと思います。

 

                           f:id:ponnkotupr:20190421181005p:plain  f:id:ponnkotupr:20190421181354p:plain

 

1.記事の内容を決める

まず記事を書く前に、自分が書きたい記事内容を決めます。私は自分が書きたいと思ったことを話題に書いているだけなので、これはまったく時間がかからないです。思いついた時に、スマホのメモに書き留めるようにしています。1日3つくらい思いついた内容をメモしています。(いつかストックが無くなりそうで怖いです。。。)

 

2.記事を書く

次は実際に記事を書いていきます。

記事を書く時間自体は、約30分くらいです。この30分はパソコンを開いてから、はてなブログを開いて、記事を書いて、画像を張って、投稿ボタンをポチッまでの時間です。私は、はてなブログの見たまま編集を使ってブログを書いているので、とても簡単に書くことができています!

記事を書くときは、基本的に文章の構成とかは考えず、思いついたままいっきに書いています。文字数はと言いますと、自分の記事を見返してみたら1つの記事で1000〜2000字くらいでした。私の中で記事を書くのに30分以上かかってしまうとめんどくさいと感じでしまいそうなので、30分で書き終わらなそうな時は、文章を無理やり終わらせて投稿しています。(笑)

出来れば、これからも1記事30分ペースで書ければと思っています!

 

今まで書いた記事は、ほとんどが自分の経験談を書いたものでしたが、これからは、調べたとことなども記事に書きたいなと思っているので、そうなるともう少し時間がかかってしまいそうです。あとレイアウトをこだわるようになったら、さらに時間がかかりそうですね。。。このシンプルなブログのままでいきたいです(笑)

 

ブログを始めたばかりで、まだいろいろとわからない部分が多いですが、より早く書けるように試行錯誤していこうと思います!ほかのブロガーさんはだいたいどれくらいの時間がかかっているのでしょうか?もしよかったら教えてください。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

 

 

初心者がブログを始めて1週間のリアルなPV数は!?

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

本日でブログを始めて1週間が経ちました!!(パチパチ)

ふと思い付きで、ブログを始めてみたので、

実際に、初心者がブログを始めて1週間後のリアルなPV数(ページビュー)をご紹介したいと思います。

ちなみに、私はネットで何か情報を発信する試みが今回初めてですので、

本当に、まったくの初心者として見ていただけたらと思います。

      f:id:ponnkotupr:20190420205618p:plain

ではまず、ブログを始めて1週間のリアルな結果がこちらになります。

  f:id:ponnkotupr:20190420211436p:plain

 1週間の合計は167PVでした。

これがいいのか悪いのかまったくわかりません(笑)

ですが、思い付きのままにブログを始めて、

自分が書きたいことを書いているだけなので、

まさかこんなにもアクセスしてくださる方がいることにとても感激です。

今この記事を読んでくださっている方にも感謝です!

 

アクセスの増加はこんな感じです。

  f:id:ponnkotupr:20190420211621p:plain

1日目:4月14日 投稿記事1  0pv

2日目:4月15日 投稿記事0  0pv

3日目:4月16日 投稿記事0  1pv

4日目:4月17日 投稿記事0  0pv

5日目:4月18日 投稿記事4  52pv

6日目:4月19日 投稿記事1  18pv

7日目:4月20日 投稿記事3  96pv

 

1週間で合計9記事を投稿しました。

ブログを始めた当日はやっぱりアクセス者は0人ですね!笑

増加数を見ると記事数によって増減しているのでしょうか?

 

 アクセス元の比率は以下となります。

  f:id:ponnkotupr:20190420212350p:plain

ツイッターからのアクセスが圧倒的に多いです。

これはツイッターで、ブロガーさんを中心にフォローさせていただき、

自分の記事をツイートした影響によるものだと思います。

はてなブログのグループは、参加して意味あるのかとか思っていましたが、

ちゃんと15%とアクセスいただいていました。

フェイスブックからのアクセスはよくわかりませんが、ありがとうございます。

 

まだ始めて1週間の初心者ですが、アクセスしてくださった方がいることで

とても今後の励みになります。

まだ人に自分の記事を読まれるということに慣れていない部分があり、

人に読まれていると思うと若干の恥ずかしさがありますが(笑)

 

今回は、ド素人ブロガーのPV数をご紹介させていただきました。

他の素晴らしいブロガーさんたちに比べたら、足元にも及ばない数字ですが、

これからも継続してブログをやっていこうと思います。

1か月後の記録も忘れなければ、また書く予定でいます。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンを買う時に最低限チェックするべきポイント

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

つい最近、新しいパソコンを買い、ものすごいウキウキしています。

 

PCが古くなったり、OSがサポート期限を迎えてしまったりすると新しいパソコンを購入することになるわけですが、コンピューターに詳しくない人は、どのPCを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、パソコンにあまり詳しくない方向けに

パソコンを買う時に最低限チェックするべきポイントをご紹介します。

         f:id:ponnkotupr:20190420122347p:plain

私が、パソコンを購入する時には、必ず以下の3点を確認しています。

 

まず1つ目のポイントはCPUです。

CPUは、パソコンが情報を処理・計算するための部品です。簡単に言うと人間の脳に当たる部分になります。パソコンでの処理の基本的なスピードはCPUの違いによるものが大きいです。

このCPUが良いほどPCの処理能力が高速になっていきます。また、処理能力が高いほど、価格も高額になります。一番良いものを選んでも使用用途によっては、スペックが無駄になってしまう場合がありますので、注意が必要です。

デスクトップPCの場合は「core i3」あたりのCPUを選べば快適さは問題ないかと思います。とくに特別な作業をPCでしない方なら、「core i3」で十分です。

少々重い作業をする場合には「core i5」をお勧めします。CPUで悩んだら「 core i5 」を選んでおけば間違いとも言えます。(笑)

重いゲーム・CAD・動画編集などの作業をされる方には「core i7」を選ぶと良いと思います。core i7 は性能がかなり高いですが、使う人や作業内容をかなり選びます。

 

CPUをまとめると以下のようになります。

Core i7(動画編集、モデリング向き、高性能)

Core i5(プログラミング、デザイン向き、そこそこの性能)

Core i3(文書作成、ちょっとしたプログラミング、一般的な性能)

Celeron(Word、Excel等文書作成向き、低性能)

ちなみに、私のおすすめは「core i5」です。

 

2つ目のポイントはストレージです。ストレージとはOSやデータを留めておく部分で、HDDやSSDと呼ばれているものです。

・HDDは、大容量のデータの保存が可能になります。
SSDは、HDDに比べるとデータの保存量は少ないですが、読み書きがHDDの約10倍以上速いです。
パソコンの起動や動作がとにかく速い方が良い場合は必ずSSD搭載モデルを選びましょう。HDDとSSDを比べると起動や使用中の動作が格段に異なります。起動や動作速度は気にしないけど、とにかくPCにデータを沢山保存したい場合には1TB以上が搭載されたHDDモデルを選択しましょう。

 

3つ目のポイントはメモリです。

メモリは、パソコンが情報を処理するための作業エリアにあたる部品です。

メモリが多ければ多いほど作業エリアが広いため、PCの動作に余裕ができて、軽快に動作します。メモリの数字が大きいほど、たくさんのアプリを同時に起動することができますが、逆に数字が小さいと、複数のアプリを起動したとき、パソコンが固まりやすくなってしまいますので、注意が必要です。

メモリは4GBだと物足りないので、私は8GB以上を推奨します。

 

以上の3点が、私がPCを買う時に最低限チェックしているポイントになります。

どのPCを買ったらよいかわからない人は、この3点を確認しておけば、とくに不自由なく買えると思います。ぜひ、自分の用途にあったパソコンを選んで購入してください。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

 

奨学金を借りてまで大学に行く意味が本当にあるのか

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

今回は、奨学金を借りてまで、大学に行く意味が本当にあるのかについて、

私の経験をもとに書いていきたいと思います。

        f:id:ponnkotupr:20190420084254p:plain

まず私はと言いますと、私立で4年制の理系大学を卒業しております。

学費は4年間で合計600万円です。高いですね。

私が大学生の時に借りていた奨学金は、毎月10万円でしたので、

4年間で合計480万円+利子の借金ができました。。。。

社会人になったと同時にこの借金の額。

そして20年間かけてこれから返していくのかと思うと最初は憂鬱でなりませんでしたね。

さらに私が大学の時に専攻していた学部とは、またく異なる職種につき、

あれ、これ大学に言った意味あったのかな。。。と思いました(笑)

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

では、なぜ私がこんな借金をしてまで大学に行ったかといいますと、

高校生の時は、まだ将来何をしたいかが決まっていなかったからです。

当時、私は進学校に通っていたので、みんな大学に行くから私も行くか

くらいの感じでした。

また、そこまで奨学金の金額の重大さについて、深くは考えていませんでした。みんな借りてるし。。。とか思ってました。(完全なる日本人の考え方ですね。笑)

 

高校生の頃から、大学に行きたいなら自分のお金で行ってねと親に言われていたので、

私は奨学金+バイト代で4年間の学費を支払いました。

私の周りでは、学費は親が出してくれるか、または奨学金+親が足りない分を払ってくれている友達が多かった気がします。

当時は実家に住んでいましたが、お金を確保するのに結構苦労しました。

学費だけなら簡単ですが、友達との遊びを我慢したくないし、毎月の交通費、教材費等と何かとお金がかかります。当時は、教科書・ノートや実験時の白衣等は、大学の先輩から譲ってもらったりと大変助けていただきました。

 

借金の大きさに憂鬱になるときもありましたが、

あらめて考えると、大学に行って本当によかったな!と思ったことが3つあるのでお伝えします。

 

・1つ目は自由な時間がたくさんできることです。

私が大学に行って良かったなと思えたのは、これが1番の理由です。

大学は勉強するためにいくところですが、授業をとっていない時間は何をしようが自由です。ですので、自分のやりたいことができる時間が無限大にあります。

ましてや文系の大学なら、よりこの時間が大きいでしょう。私は、大学4年間で勉強・遊び・バイトを全力で楽しみました。自分がやるべきことやりたいことのバランスをうまく調整することで、時間がうまく使えるようになりました。

勉強は、単位を落とさないよう効率よく、いかに短時間で勉強できるかを学ぶことができました。結果的に、4年間で1つも単位を落とすことなく、成績も常に上位1/10までには入っていました。

遊びに関しては、本当にたくさん遊びました。お酒の失敗を経験したり、友達と出かけたり、旅行に行ったり。とにかく4年間でめちゃくちゃ遊びました。

バイトでは、4年間同じところで働いていたので、最終的には店長不在時の店舗責任者にまでなっていました。バイトでは、お給料をもらえる以外にも、人に仕事を教える大変さや、店舗責任者の苦労、他人に指示を出す難しさも経験できました。社会人になるまでに、こういった社会経験ができたことも自分の大きな財産になったと思います。

まとめると、大学の4年間は、無限にある時間を自分でどう効率的に使うかを学ぶには、ピッタリだと思います。

 

・2つ目は将来の可能性が広がることです。

悲しいことに、世の中には学歴がないと就職できない企業がたくさんあります。これは、私が就活をしているときに感じました。

高卒よりも専門卒、専門卒よりも大学卒、大学卒の中でも高学歴の人が好待遇で就職しやいです。もちろんすべての企業がそういうわけでもありませんし、企業に勤めないといけないわけでもありませんので、必ずしも学歴が大切というわけではありません。ですが、現に大学卒しか採用していない企業があるのは事実です。その会社に入りたいと思ったら、まずは大学に通わないといけないのです。

こういった現実があるからこそ、大学にいくことで、自分の将来の可能性が広がっていることに就職活動中に気がつきました。

 

・3つ目はいろいろなタイプの人と交流ができることです。

高校生までは、ほぼ同じくらいの偏差値の人が集まりますが、大学はそうではありません。本当に様々な人がいます。大学は、高校と違って規則がないため、極端ですが、髪の毛が虹色の人や、顔面ピアスだらけの人もいます。ですが、話してみるとぜんぜん普通の人だし、話してみたら、むしろ自分を自由に表現できる人がかっこいいと思いました。

また、大学では、サークルなどの集まりに積極的に参加することで、人との繋がりを広げることができます。私も2つのサークルに所属していました。

大学生の時に、たくさんの人と交流することで、同時に自分の価値観も広がったことに気づくことができたので、社会人になった今でも、積極的に人との集まりに参加するようになりました。

 

以上が私が大学に行って本当に良かったと思えたことです。

4年間で学んだり、経験できたことを思い返せば、借金をしてまで大学に通った価値があったと私は思っています。

 

大学に行くか行かないかは、人生の中でも大きな決断となりますが、

もし皆さんの中で、奨学金を借りて大学にいくか悩んでいる人がいるならば、

私は大学に行くことをお勧めします。

本日も読んでくだっさってありがとうございました。

 

 

パソコンの電源を入れても画面が真っ暗。。。そんな時の対処法!

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。今回は、

「PCの電源を入れようと思って電源ボタンを押しても、画面に全く何も映らなくなった」時の対処法を紹介します。

 

私が去年まで使っていたノートパソコンがなぜかこの現象に頻繁になり、

一発で直る方法があるので、ぜひ共有したいと思います。

 (ノートパソコンの場合の対処方法となります。)

        f:id:ponnkotupr:20190419235922p:plain

まず対処方法としては、とにかくパソコンを放電することです。

これは、パソコンに電気が溜まってしまって起動しないという状態の場合に有効な手段となります。それでは、実際のやり方を紹介していきます。

 

 

ノートパソコンの放電方法

バッテリーを外すことの出来るモデルか出来ないモデルかにより、やり方が変わってきます。

充電バッテリーを取り外せる場合

1 電源ケーブルなど、パソコンに差さっている全てのケーブルをパソコンから外す。

2 パソコンの裏についている充電バッテリーを外す。

 ⇒爪の付いたロックをスライドさせることで取り外せます。

3 10秒くらい電源ボタンを長押しし続ける。

 ⇒この作業は1回で大丈夫です。

4 1~2分くらい放置する。

5 電源ケーブルのみ差し直して電源が入るか確認する。

この作業で電源が入れば電気がパソコンに溜まっていたことが原因です。逆にそれでも電源が入らない場合は部品の不具合の可能性大なので、修理か買い替えを検討しましょう。

 

充電バッテリーを取り外せない場合

最近の一部のノートパソコンはバッテリーがネジ止めされていたり、基盤と線でくっついていて取れないものがあります。また、バッテリーの外し方がわからない場合は、無理に外そうとせずにこちらの方法を試しましょう。

1 電源ケーブルなど、パソコンに差さっている全てのケーブルをパソコンから外す。

2 そのまま2分程度放置する。

3 電源ケーブルのみ差し直して電源が入るか確認する。

1から3を行い、放置することで放電ができます。

 

以上がパソコンの放電方法の紹介となります。

お恥ずかしい話ですが、私は去年までノートパソコンのバッテリーの場所も知りませんでした。笑

PCの電源ボタンを押しても、画面に全く何も映らない場合はぜひお試しください。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

未経験でプログラミング研修を受けた時の話

みなさん、こんにちは。

 ポンコツ新人プログラマーです。

今回は、私が未経験でIT企業に入社してからプログラミング研修で感じたことについて書いていこうと思います。

未経験からプログラミングを始めて、しんどいなと感じている人がいたら、ぜひ読んでもらいたいです。

 

    f:id:ponnkotupr:20190419223652p:plain

 

私の新卒入社時のスケジュールはざっくりと以下になります。

4月前半:プログラミングの考え方について

4月中~5月前半:javaの研修

5月後半:javaシステム開発

1日:開発したシステムの紹介・発表

 

研修は外部委託で、他企業の新入社員と合同で2カ月間行われました。

私が研修を受け始めて、まず一番初めに思ったことは、

あれ、今後やっていけるのかな。。。

入る業界を間違えたかも。。。でした。

入社して1週間でもう転職を考えましたね(笑)

 

最初はjavaインスタンスがまったく理解できず、

正直頭の中はずっと????って感じでした。

今も正確に説明しろって言われたら、若干自信がありませんが。。。

 

当時は、研修についていくのに必至だったため、

毎日研修で8時間勉強してから、帰宅後に復習を2時間、予習を1時間していました。

なんといっても私は頭があまり良くないないので、、、

(今思えば、この頃めちゃくちゃ勉強してますね!自分えらい!笑)

 

ここまで読んでくださった方は、未経験からプログラミングを始めることが大変だと思ってしまうかもしれません。ですが、びっくりすることに

いつの間にかコードが書けるようになっているんです!!ほんといつのまにか!

こう感じ始めたのは、研修が1か月経ったくらいだったと思います。

プログラミングの考え方さえ慣れてしまえば、あとはグーグル先生が助けてくれます。

とくにjavaは検索すれば、ほぼ高確率で自分の欲しい答えが見つかります。

 

そんなこんなで5月後半になり、javaで自分の好きなシステム開発することになりました。

たしかフレームワークは、指定されたstrutsを使いました。

ほんとに簡単な構造のシステムで、全6画面で構成された計算機能、グラフ機能、カレンダー機能をもつ家計簿システムです。

簡単なシステムですが、初めて1人で開発できて、すごく達成感にあふれていた気がします。笑

 

2週間で開発が終わり、最後は研修の集大成である発表が待っていました。

発表内容は、作ったシステムのコンセプト・機能説明・実演をする。とういうような内容で発表しました。

 

こんな感じで2か月間の研修が終了!

研修の最初のほうは、つらかったですが、

本当にいつの間にかプログラミングが楽しくなる瞬間が絶対がやってきます。

こんな私でも、研修を乗り切れたので、きっと多くの皆さんは乗り切れます!

ですので、ぜひ多くの方にプログラミングの楽しさを知ってほしいと思います。

 

ちなみに研修を終えて現場に配属されても、

現場で私はまったく役に立たないポンコツでした(笑)

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

大学3年生の3月までに10社内定をもらう方法

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

最近駅で、よく就活生を見るなぁと思い、自分が就活している頃(2年前)を思い出したので、今回は、私が大学3年生の3月までに10社から内定をいただいた方法をお話したいと思います。

           f:id:ponnkotupr:20190419225453p:plain

 

まず、私が就活をした年は、就活解禁の時期が大学3年生の3月です。

心配性な性格のため、解禁してからみんなと同時に就活開始では遅く感じていました。

そんな私が実際に就活を始めたのは、大学3年生の秋ごろです。

ちなみに夏のインターンは行きませんでした。

 

では、どうやって解禁前から就職活動を始めたかというと

私は、就活エージェントを利用しました。就職エージェントとは、就活のプロ(アドバイザー)が新卒の就職活動を内定までお手伝いしてくれる無料の就活サービスです。

就活エージェントは以下のことをサポートしてくれます。

  • 就活相談
  • 求人紹介
  • 履歴書・ESの添削
  • 面接対策
  • 入社までのフォロー

これ無料でやってくれるんですよ??

就活エージェントは増えているサービスなので、よかったら使ってみるのもいいと思います。ちなみにこの記事は宣伝ではありません(笑)

私が就活エージェントを利用して感じたメリットは大きく3つあります。

 

1つ目は、早期選考に応募できることです。これはかなり助かりました。私はインターンに1社も参加しなかったため、早期選考を自分で見つけ出す方法がわかりませんでした。ですので、就活を早めに始めたい人や、解禁前に本番の環境に慣れておきたい方には本当にお勧めです。

 

2つ目は、履歴書、ESの添削および面接対策をしてもらえることです。

就活のプロがES添削、面接対策をしてくれることで安心感が大きくなり、自信をもって就活にのぞむことができます。また、いつでもメールでESを添削してくださり、大学の就職課よりもサポートが万全に感じました。

 

3つ目は、優良企業しか案内されないことです。自分の就職したい企業の条件を伝えると、エージェントがぴったりな企業を見つけて案内してくれます。しかも説明会・面接の日程もすべてエージェントが担当してくれます。

 

ここまでは、いいところしかお伝えしていませんが、悪いところももちろんあります。

デメリットはエージェントのところまで通わないといけないということです。

これは結構大変でしたね。。。

 

そんなこんなで、エージェントに頼りっぱなしの私でしたが、早期に始めたことでライバルが少なかったことから、大学3年生の3月までに10社から内定をいただきました。

私みたいな取り柄がない学生をサポートしてくださった担当の方には、本当に感謝しています。

就活を早期に開始したい学生さんや、現在就活で行き詰っている人がいたら、ぜひエージェントを活用してみるのはいかがでしょうか。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23歳から歯科矯正を始めます。

みなさん、こんにちは。

ポンコツ新人プログラマーです。

本日は、歯科矯正についてお話したいと思います。

          f:id:ponnkotupr:20190419225327p:plain

私は現在23歳ですが、今年から歯科矯正を始めたいと思っております。

小さい頃から、ずっと歯並びが悪いことが気になっていましたが、親からは矯正は高いからダメと言われてましたので、大人になってお金に余裕ができたら、歯科矯正をしよう!!とずっと心に決めていました。

 

そんなこんなでカウンセリングを受けに歯医者さんへ。

私は歯科矯正専門のクリニックで見てもらいました。

歯科矯正は総額で100万円くらいかかるので、あらかじめいくつかの歯医者さんの料金を見比べて、料金が総額定額制の歯医者さんを選びました。

総額定額制のメリットは、治療が延長しても料金が変わらないところと毎月の調整費がすでに料金に含まれているため、矯正にかかる金額が先に把握しやすいところです。

 

私の歯を軽くみていただいたところ

・出っ歯(前歯が出ているというよりも上顎が通常より前にずれている)

・下の歯がガタガタの歯並がひどい

と言われました。

私は出っ歯のため、口を閉じることが難しく、意識していないとすぐに口が開いている状態になってしまいます。そのせいで常に鼻呼吸ですし、なによりも口が前に出ていることがずっとコンプレックスでした。また、下の歯の歯並びが非常に悪く、下に歯型がつくどころか、歯で自分の舌を切ってしまうことが多々ありました。

 

一刻も早くこの歯並びを直したくて、次の検査・診断を予約しました。

検査してから診断結果を出すまでに4週間ほどかかるそうです。長い。。。

ちなみに今回のカウンセリングは3000円でした。

どこの歯医者さんでもカウンセリングは1500~3000円くらいが相場みたいです。

 

次の検査・診断は5万円かかります。

いやぁ、矯正はほんとお金がかかりますね。まだ治療を始めてもないのに(泣)

日本も早く歯科矯正を保険適用にするべきですよ。。。

 

はやく歯並びを直したくて待ちきれなくてうずうずしておりますが、

きっと治療を始めたら相当つらいのでしょうね。。。

今後も少しずつ、矯正治療についてご報告していきたいなと思っております。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

基本情報技術者試験に受かる勉強方法!!

みなさん、こんにちは。

IT業界に入社して2年目のポンコツ新人プログラマーです。

今回は、IT業界に入社したら、最初に取得するであろう

基本情報技術者試験(FE)の勉強方法についてお話したいと思います。

          

           f:id:ponnkotupr:20190419224113p:plain

 

まず、この基本情報技術者試験(FE)がどんな試験かといいますと、

「主にプログラマーシステムエンジニアなどのIT職に従事する人、あるいはこれから従事しようとする人達を対象とした試験のことです。試験では、IT業界で働くために必要な基本的知識を持っているか、情報処理に必要な論理的な考え方はできるかどうかなどを試される問題が出題されます。」

とりあえずIT業界に入社したら、最初に取得を進められる資格ですね。

IT業界で働くなら、基本情報を持っていないと、無免許運転しているのと同じだと

先輩に言われたこともあります。

 

この基本情報技術者試験は、毎年、4月と10月の2回実施されます。

合格率はだいたい25%程度です。

 

問題構成は午前と午後問題で分かれていて、午前は選択式の暗記問題、午後はセキュリティ・アルゴリズム・言語の分野が必須で、他分野は選択となっています。

午前・午後それぞれ正答率60%で合格です。

 

 私は、入社してから1年目の秋に取得しました。

ちなみに2回受け、1回目は、午後問題の点数が3点足りずに落ちました。。。

落ちた原因としては、社会人になる前にたくさん遊ばなきゃ!と謎の使命感にかられ、4月前までほとんど勉強をしていませんでした。完全に自分が悪いですね。

あと3点なら、もう少しちゃんと勉強すればよかったと死ぬほど後悔しました。

 

ですが、未経験からでも勉強すれば誰でも取得できる資格なので、

今回は私の勉強方法をお伝えしたいと思います。

 

午前問題の勉強方法は、まず午前問題の解説本を一冊読みます。

1冊読み終わったら、あとはひたすら過去問を解くだけです。

正直、解説本を一冊読んだだけでは、午前問題はあまり解けませんでしたが、

過去問を解きながら解説を読んでひたすら解き方を暗記しました。

午前問題の6割は、過去問がそのまま出題されるので、理解できない問題があったとしても、選択肢をそのまま暗記するだけで正解できます。

 

午後問題は、アルゴリズムがまったくわからなかったため、必須のアルゴリズム(配点20点)を捨てて、それ以外の勉強に専念するという方法をとりました。

ちなみに言語も自信がなかったため、javaではなく、表計算一択で勉強しました。

基本的に午後問題も過去問を何度も解くことが一番効率のよい勉強方法だと思います。

ただ、午後は午前と違って同じ問題が出題されないため、

暗記ではなく、じっくりと時間をかけて理解しながら解いていくことが重要だと思います。

 

こんな方法で、苦手分野は完全に避けて勉強した結果、

アルゴリズムは4/20点しか取れませんでしたが、表計算がほぼ満点だったため、なんとか午後もクリアでき、合格できました!

今思えば100点中のアルゴリズム20点分を捨てるのはかなりの賭けですね(笑)

たぶん文系の方は、私同様にアルゴリズムと言語で苦労するかと思いますが、

私みたいに苦手分野は捨てる勉強方法でも合格することは可能です。

 

補足ですが今回紹介した勉強方法は、あくまでも基本情報に合格することが目的ですので、本来は、苦手分野も勉強して知識を自分のものにするのが正しい資格の取り方だと思います。ですが、一応国家資格なので、とりあえず取っておいて損はないかと思いますので、これから受ける人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

本日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

未経験からIT企業に就職した理由

みなさん、こんにちは。

IT企業に入社して2年目のポンコツ新人プログラマーです。

今日は、なぜ私がIT業界に就職したのか、現在勤めている会社をどのようにして選んだのかをお話ししたいと思います。

IT業界への就職を考えている学生や、未経験からの転職を考えている方の参考になればと思います。

             f:id:ponnkotupr:20190419225834p:plain

 

まず、私は4年制の理系大学を卒業し、新卒から現在の会社に勤めています。

正直就職する前までは、パワポ、エクセル、ワードを大学の課題で使ったことがある程度で、まったくパソコンに詳しいわけでもありませんでした。(むしろ苦手、、、)

 

そんな私がIT業界に入社しようと思った理由は、

なんといってもお給料が高いことです。

 正直、とくにやりたいことがなかったので、

私はやりたい職業というよりも自分のゆずれない条件だけを重視しました。

 

以下が新卒の私が会社を選ぶときに重視した条件でした。

・転勤なし

・完全週休二日制(土日)

・新卒で基本給20万円以上(残業代・他の手当含まない)

・残業代が必ず出ること

・上場企業

 

業界問わず、この条件を満たしている企業をいくつか受けました。

幸いにも、私が就職活動をしているときは景気が良かったため、

とくに苦戦することなく、数社から内定をいただくことができました。

そんな内定をいただけた会社の中から、現在の会社を選んだ理由は2つあります。

 

1つ目は、給料が高かったことです。

もうこれが選んだ一番大きな理由ですね。はい。

現在勤めている会社は、完全な実力主義ですが、

正直、まったく仕事できない人でも、世の中の平均年収よりは高いと思います。

また資格合格時の報奨金が高額で、資格に取得するたびに、15~35万程度の報奨金がもらえます。

私は、大学で借りた奨学金の借金が500万程あるので、給料が高いことが一番魅力的でした。

 

2つ目の理由としては、研修制度がしっかりと準備されていることです。

未経験からIT業界への就職を考えている人は、ここがかなり重要だと思います。

私も未経験から入社しましたが、正直わからないことが多く、つらいなと思った経験がかなりあります。ましてや、情報系出身の同期とは、知識・技術の差が大きく、最初の研修では必死に勉強しました。

わたしの場合は、入社してからjavaの研修が2か月ありました。

研修で学んだことを生かして、最後に自分で開発したシステムを発表するという内容でした。ほんとは2か月間よりも、もっと長く研修期間が欲しかったのが本音です。。。

以下の記事で、新人研修時について詳しく書いてあります。

 

ponnkotupr.hatenablog.com

 

未経験から入社しようと考えている方は、研修制度についてよく調べたほうがよいと思います。

正直、未経験から研修もほぼないまま、現場に行かされたら精神的にかなりつらいと思います。たぶん周りの人たちは、やさしく教えてくれるとは思いますが、人に聞かないと何もできない状態で仕事をするのは、とてもしんどいです。(研修後に配属されても、私は軽くその状態でした。。。)

 

こんな理由で、今の会社に就職しました。

会社を選ぶ理由は人それぞれだと思いますが、わたしは完全に条件のみで選びました。

結果的に、今の会社の待遇には満足しております。

 たまにパソコンが好きで就職した人や、情報系出身の人と一緒に仕事をしていると、自分のIT技術に対する好奇心が足りないなと感じるときもありますが、

まあ、ぼちぼち自分のペースで勉強しております。

 

好きなことを仕事にしたいって人には、まったく参考にならない話でしたね。

こんな企業の選び方もあるよって思っていただければ幸いです。

 本日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自己紹介】未経験からIT業界に就職したプログラマーです。

みなさん、はじめまして。

未経験からIT業界に就職して2年目の新人プログラマーです。

ほぼプログラミング経験もないまま新卒から入社しましたが、

未経験でもIT業界で働いていけることや、プログラマー・SEの仕事ついて

皆さんと共有したいと思い、今回ブログを始めることにしました。

 

           f:id:ponnkotupr:20190419225932p:plain

 

まずは、簡単に私の自己紹介をさせていただきます。

 ・性別:女  ・年齢:23歳

・理系大学出身(情報系ではありません)

Sler企業でプログラマーをしています。

 

こんな感じです。

私は、もともとパソコンが大好きというわけではありませんでしたが、

就職活動中に現在勤めている会社に惹かれ、とくに何も考えずに入社しました。

(今後、待ち受けている勉強が大変だということも考えずに、、、)

 

ですが、勉強が苦手な私でも、仕事は楽しくやっていけています。

仕事をしながらたくさんITの知識も身につくので、

プログラマーは、非常にやりがいがある仕事だと日々感じております。

 

こんな私の日常をブログにゆるく書いていきたいと思っているので、

もしよければ暇つぶしにでも読んでいってください。

 

本日は読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
にほんブログ村